マスターの気分転換ブログ。
  • 2017/11
  • 2017-12 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018/01
もう一つの「千の風に・・」
2007年12月29日(土) 17:49
歌や映画は感性の問題があるので、簡単に「お奨め」とは言えません。

ここでも音楽や映画の話が出ると思いますが、
あくまでマスターの個人的な趣味ですから許ちてね?

さて「千の風になって」のお話です。

ご存知のように、オリジナルの詩については諸説があって
1932年にMary Fryeという女性が書いたというのが有力らしいです。

日本の「千の風に・・」を作った新井満氏も、原詩を「超訳」したそうで
大変に美しいメロディーだし耳に残るのですが、
僕が一ヶ所だけ気になってしまうところがあるのです。

それは「ねむってなんか」というところのスタッカートのような部分。
全体に優雅な流れがあって美しいメロディーなのですが、
そこだけが楽しげに弾んでいるようで、どうしても
原詩の持つ内容のイメージを考えると引っかかってしまうのです。

「え〜っ!そんな感じしないよぉ〜!」ってお叱りを受けそうですが・・ゴメンなさい。

で、ここでは「Libera(リベラ)」の歌を紹介します。
これもNHKで紹介されたので、ご存知の方は多いかも知れません。

最初は賛美歌のような感じで聞いていたのですが、
詩を読みながら何度も聞いていると、とてもシックリして
僕のお気に入りになりました。

※邦題は「いつもあなたのそばにいるから」。
  この詩は、かなりオリジナルに近いものだと思います。

Liberaの「free」というアルバムまで買ったのですが、
この少年グループは聖歌隊でもなく、ポップ調の曲も歌っています。

ま、とにかく一度聞いてみてください。




さて、このエントリーで年内の更新はお休みします。

皆さん、本年はいろいろとありがとうございました。
来年も皆さんにとって実り多き一年になることをお祈りしております。

では、まったね〜!!!(^0^)/
Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog