マスターの気分転換ブログ。
  • 2017/09
  • 2017-10 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017/11
逆ムニュッ!
2008年07月03日(木) 11:04
今度はネコちゃんがワンコの上に乗ります。
仔犬が頬を寄せ合っている様子を見ると
きっとネコちゃんの「ぬくもり」を心地良く感じているのでしょう。


ムニュッ!
2008年07月01日(火) 14:07



ムニュッ!

あのねぇ・・と言いたげなネコくん。

でも怒ってはいないですね。どことなく仲は良さそう。

そう思いながら写真を見ていると、
一つの想像が浮かんできました。

もしかして、上になっているワン君は
ネコくんの尻尾の付け根を掻いてあげているのかも。

動物って尻尾の付け根を掻いてあげると喜ぶでしょ?

時には、わざわざこちらに近寄ってきてお尻を向けて
「掻いてぇ〜!」ってやる。

だから、このワン君も馬乗り(犬乗り?)になって・・。
そしてバランスを取ろうと、ついついお尻をネコくんの頭の上に・・。

だったら嫌そうな顔をしながらも動こうとしないネコくんの説明がつく・・・
な〜んて想像したんですよねぇ。(笑)
無題
2008年06月29日(日) 20:36
僕がセリフを書くよりも、皆さんが想像を膨らませてください。
コメをお待ちしております。



アメリカの(屁)理屈
2008年06月28日(土) 20:02
前回は日本の小学生の屁理屈でしたが
今回はアメリカのケース。

しかも、写真付き。
久しぶりの英語のお勉強です。




"Speeding. What's your excuse?"
(スピード違反ですぞ。言い訳でもありますかな?)

"HELPING YOU BASTARDS PAY FOR DONUTS."
(テメェらがドーナッツ代を払えるように協力してやってんだよ!)

"bastard" は「コンチクショ〜」といったニュアンスを含めた「野郎」なので
"you" との合わせ技で「テメェ」という感情むき出しの表現を使ってみました。

日本では「メシを食わせるため」という表現がありますが
ここでは「ドーナッツ」となっているのがミソですね。

なぜなら「メシ」だとお巡りさんの「生活」がかかっている感じで同情しますが、
「ドーナッツ」だと「オヤツ」だから食べなくても良いわけで、
「そんな『小遣い稼ぎ』程度のことで俺たちを虐めないでくれよ」といった
落書き者の意識が読み取れるからです。
(屁)理屈
2008年06月28日(土) 12:44
以前、小学生をハワイに連れて行くツアーがありました。
ある大手の英語教室が主催して生徒たちを募ったものです。

かなりの人数になるので、引率の先生方が数名とツアコンが数名。
それに医師や看護婦まで同行するという規模でした。

滞在にはハワイにある私立の学校を使います。
この学校には寮があるのですが、夏休みには授業がないため
寮は空になっているし校舎を使うこともできます。

そこで日本からの生徒たちは寮に滞在し、
午前中は英語の勉強。午後はハワイのいろいろなアクティビティーを楽しみます。

僕は、これを数年やっていたので、いろいろな生徒に出会いました。
今回は、そんな生徒の中の一人が言ったセリフです。

その前に、ちょっと寮での生活を説明しておきましょう。

この寮には掃除をする現地の人がいます。
日本のマンションでもいますよね?
あのような人がまめに掃除に回ってくるのです。

それを踏まえての話です。

ゴミを散らかしたままにしていた生徒に注意をしたところ、
生徒がこう言い返してきたのです。

「でもゴミを掃除する人はいるんでしょ?それがあの人たちの仕事なんでしょ?
僕たちがゴミを片付けたら、あの人たちの仕事がなくなっちゃうじゃない」

じゃあ何かい?
「俺が泥棒するのはお巡りさんの仕事を減らさないためだよ」ってのかい?

コンニャロ〜! です。
「いただきます」は誰に?
2008年06月16日(月) 12:17
日テレ系列で「太田光の私が総理大臣になったら」という番組をやっています。
昨年、「第23回ATP賞テレビグランプリ2006」で
「テレビ記者賞」と「情報バラエティ部門最優秀賞」をダブル受賞した番組です。

・・などと書いているのですが
僕は番組宣伝のために書いているのではないし、
欠かさず見ているわけでもありません。

ただ前回(13日)の放送は、たまたま途中から見ていました。

給食費を払わない保護者が増えているということに端を発して
「学校給食を廃止します」を「公約」に掲げて
番組内で活発な討論が繰り広げられていました。

そこで出てきたのが、前から話題になっている「モンスター・ペアレント」。

「給食費を払わない保護者が増えている」
   ↓
「だったら学校給食を廃止する」

という展開の話だったので
「どういう保護者が増えているのだろう」と
モンスター様たちの話に触れたのですね。

そこで次のような「主張」をするモンスター様がいるようなのです。

「給食費を払っているのだから『いただきます』とは言わせないで欲しい」

エッ!? でした。

金を払っているのだから対等(あるいは上の立場?)。
だから「いただきます」などと「へりくだった」ことを
我が子には言わせるな、ということらしい。

そうかぁ・・・そういう発想かぁ。

これはあくまで僕の個人的な考えだけど、
「いただきます」は給食を提供する学校に対してではなくて(それがあっても良いけど)
食材を作っている農家の方々(に限らずテーブルに乗るまで関わってきた人々)や
自然に対してのリスペクトの言葉だと思っていたのです。

だって一家団欒のテーブルでは全員が手を合わせるじゃないですか。
あれって誰に対して手を合わせているの?

それとも、上記のようなクレームを上げる家では
お父さんが子供に向かって「私に『いただきます』と言いなさい。
当然、私は『いただきます』と言う必要はない」とやっているのかなぁ?

百歩譲って「いただきます」が学校に対してであったとしても
それを上下関係とか売買契約関係とかに持っていって
「ウチの子に感謝の言葉を言わせるな」とクレームまでするのは寂しい気がします。

だって僕は買い物して袋なり箱を受け取るときに
「ありがとう」って口にすることあるよ?(毎回じゃないけど。(^^;)

「俺は金を払っているんだから、そんなこと言うもんか!」って
頑(かたく)なな態度を取る人って・・やっぱり寂しい。
Y君からの便り(中国地震その後)
2008年05月30日(金) 17:49
「Y君からの便り」というのは、
本当はタウンの本HPにアップしていたシリーズです。

でもサーバを変更してから、いろいろと技術的な問題があって
今は思うようにHPの更新ができません。

ただ、この便りにはニュース性があり、
このままではタイミングがおかしくなるので、
ここに掲載することにしました。

5月21日に届いた分と、28日に届いた「続編」を合わせてアップします。

・・・・・・・・・・・・・

<5月21日分>

ご無沙汰です。
昨晩上海に入り、今日はシンセンです。

中国では、19日から21日まで全国哀悼日で、
テレビのチャンネルは全て地震関連の番組です。
こちらはケーブルテレビが普及しているので
40チャンネル以上あるのに全てです。

今日は、シンセンのホテルなので、
NHKとか他国の番組も見れる筈だったのですが、
喪に服しているので見れませんと英文で説明が出て映りません。

内容は、感動的な救出劇・人民解放軍・ボランティアの献身的な活動・救援募金の金額
(企業名と募金額がテロップで流れています。競って募金する様です。)です。

中国加油(がんばれ中国)のメッセージ性があまりに高く、
悲惨な災害なのになんだかドラマを見ている様な錯覚すら覚えます。
(ナレーション・音楽の効果もドラマ見たいです。)

子供たちが多数犠牲になった本当に悲惨な災害ですが、
真っ先に病院・学校が倒壊した事等はあまり触れられていない様です。

ビジネスにおいてもよく感じますが、前もってリスクを減らす事に
金・時間を費やすより短期的な利益優先。
但し、何か起こった時の行動は以外と素早いし、むしろうまく宣伝に使う。
手強い中国の一面も垣間見えます。

しかし、意地になって全チャンネル試していたら
突然白人のハードコアポルノ(無修正)が現れた。
もちろん、有料チャンネルでは無く普通のチャンネルです。
これも、中国ですね。

では、また、、、、


<5月28日分>

続編です。

地震義捐金ですが、350億元(日本円で5000億円以上)近く集まった様です。
私のアパートにも誰がいくら出したか貼ってあります。10000元から50元まで、、、

今日行った客先の工場でも500名近い工員の名前が貼り出してあり、
誰がいくら出したか全て分かります。

マクドナルド・ケンタッキーが義捐金を出していないので非買運動をしようと
メールが回っていた様です。(実際には、かなりの金額を出していました)

NBAスタープレーヤーの姚明は、100万元(15百万円)出したのに少ないと言われ
追加で数100万元出した模様。

確かに、善意の義捐金、、、ですが、少し違和感を感じます。

上海の風景です。アパートの近くの路地がどんどん開発されて欧米人の好きな雰
囲気になっていきます。

もともと住んでいた人々(老人が多かったのですが)はどこへ行ったのでしょう。

先日、中国で全てを失った客先が借金を背負って日本に帰国しました。
まだ、若いので日本で立て直しを図った方がいいと話しました。

いろんな違和感を感じながら、でも付き合って行かなければいけない国なのでしょう。












ペンギン
2008年05月24日(土) 11:08
近所の公園には動物園があります。

そこに遊びに行ったらペンギンが外に出ていました。
といっても、もちろん係員のお姉さんと一緒です。

たちまち人だかりが。

旭山動物園が刺激になって
ただ見せるだけではない工夫をこらす動物園が増えたのは良いことですね。

この子の名前は「ヒジキ」ちゃんです。
何やら名前の由来がありそうだけど聞きそびれた。(^^;

ヒジキちゃんは卵のときから人間に育てられたので
人には慣れています。
だから他のペンギンと区別するために腕章が。

プールで他のペンギンと泳いでいても
この腕章を見つけて手を伸ばすと
こっちに近づいてきてくれます。

このときも「へぇ、ペンギンの羽って意外と硬いんだ」とか発見がありました。
「船のオールみたいなものですからね」とは、お姉さんの説明。

フムフム・・で背中は?あぁ、なんだか柔らかいけど、ほとんど羽なんてないなぁ。

ということで、恐る恐るながらアチコチから手が出てきます。
お姉さんはクチバシの前に手をかざしてプロテクト。
(写真でアゴの下のほうで手をかざしているのが係のお姉さん)

案の定、携帯カメラを顔に近付けた女の子がいたけど
そのカメラを突きそうになりました。
(ヒジキちゃんの視線の先に携帯が。分かる?)

いわゆる「デコ電」というヤツでギラギラに飾り付けた携帯だったから
すご〜く興味をそそられたようです。(^^)

周りに人が寄ると、お姉さんは必ず
「お尻のほうには寄らない方がいいよ?ウンチを飛ばすから」と注意。

今回の写真では分かりませんが
僕は携帯のムービーも撮っていて
それでは最後の方でそれを証明する決定的シーンが出てきます。ピュッと。

可能なら、そのムービーも掲載したいと思っていますが、
まずは写真でヒジキちゃんを紹介しますね。



フジの花
2008年05月20日(火) 20:13
前回のエントリーが花だったので、
今回も遅ればせの花の写真です。

GWに近所を散歩していたら
ある公園で見かけました。

フジ(藤)棚の下には子供たちが遊ぶ場所があって
お母さんたちも集まって
子供をウォッチがてら世間話の花を咲かせていました。

そこに僕のようなオッサンが携帯を向けて写真を撮ろうとするから
何やら怪しむような視線を向けてきます。
(考えすぎとは思うけどね。笑)

そこで、余計にわざと上を向いて構えるから
全体の写真は撮れませんでした。

でも、キレイでしょ?(^^)


芝桜(羊山公園)
2008年05月10日(土) 19:53
GWの初め(4月30日)なのですが、秩父の羊山公園に行って
芝桜を見てきました。

GW明けに時間がなかったのでアップが遅くなりましたが
そのときの写真をご覧にいれましょう。






結構、人が出ていましたよ?
汗ばむくらいの大快晴!

紫みたいに見えるのは「スカーレットフレーム」。

真っ赤に見えるのは「マックダニエルクッション」。(↓)




ちょっとピンクっぽいのは「オータムローズ」。(↓)




そして、白っぽいのは「オーキントンブルー」。(↓)




群生すると、こんな感じ。(↓)




スジがクッキリとついているのが「多摩の流れ」。(↓)




これだかが純和風の名前だったけど、
近所を散歩していてドナタさんかの家の前でも見つけましたよ。
でも、群生していると絨毯みたいで圧倒されますね。

遅ればせのGWのご報告でした。(^^)/


Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog